【コメダ珈琲店】みんながおいしいっていうからシロノワールを食べてきたぞ!

夫婦で猛烈に甘いものが食べたくなって、「贅沢は敵だ!」といいながらコメダ珈琲店に行ってきました(笑)お目当はもちろんシロノワール……これは私たちがずっと食べたかったものです。こういうところで気があうのか、唐突に「あこがれ」を叶えることをします(^^;;

でも、シロノワールってみるからに庶民が食べるようなフォルムじゃないんですよね。クロワッサンが丸くなったような感じのパンの上にソフトクリームが乗ってて、高級な佇まいのそれは「食べたいんだけどカロリー的な意味もこめて食べちゃいけない食べ物」としてままぴーやのなかでここ4年ほどくすぶっており、死ぬ前に食べたいもののひとつみたいな感じで後回しにされてきました(笑)

コメダ珈琲店はベビーカーもOKだった!

ベビーカーで外食なんて初めてだったので勝手がわからなかったのですが、優しい店員さんがテーブル席の椅子を撤去してベビーカーが入るスペースを作ってくれました。本当にありがたかったです。

シロノワールを早速注文

私は死ぬ前に食べてみたかった小倉トーストで、旦那はコーヒーゼリーです。

トーストされた食パンは外はサクッと、中はふわふわのほわほわで1歳の子どもにもあげられたのでぐずりはしのげました(ノ´∀`*)

↓そしてシロノワール。

「2人でこの量いける!? ミニでよかったかも」とくじけそうになります。

かなり大きいので、一人で食べてみようと思う方はミニを強くお勧めしたいと思います(^^;;

↓すでに6等分ぐらいで切ってあるためとてもとりわけやすいです。ソフトクリームはなかよく取り合い(笑)

そして、緊張の一口目……。

「いうほどおいしくないぞ!」とひそかに思ってしまった。

シロノワールのパンはクロワッサン的なものと勝手に想像していたのですが、中身は山崎パンの「スイートブール」っぽい感じでした。甘くてすごくお腹いっぱいになるのですが、目ん玉が飛び出るほどではありません。コメダの特集がテレビでやるたびに人気メニューのランキング上位にいるけど1位じゃない理由はここなのだろうか……。

なんでしょう、フレンチトースト的なポジションに近い「とっても食べたいと思うことはないけれど、とりあえず食べたくなるもの」かなと思いました。いうほど美味しくない、とは書いたものの、甘くてお腹いっぱいになるものがほしくなったとき絶対にまた頼んでしまうでしょう。小声でおいしい、といってしまうはずです(笑)

そういえば、サンマルクカフェの前に並んだシロノワールっぽい食品サンプルはなんだったのだろうという話になって調べてみたらサンマルクカフェのは「デニブラン」というらしい……。目の前を通ったとき「シロノワールだ!」とめっちゃはしゃいでいた自分が恥ずかしい(^^;; 今度はそっちを食べてみたいですね(ノ´∀`*)

まとめ

ままぴーやから注がれるシロノワールへの熱い視線は、シロノワールも思わずワキ汗をかくぐらいだったと思います。でも、もうワキ汗をかかなくてもいいんだよ(ノ´∀`*)

旦那も「一回食べてみたかったものが食べられてよかった( ̄▽ ̄)」と感激していました。旦那もきっとシロノワールの安定的なおいしさを感じ取ったのであろうと勝手に想像しておきます(笑)

次にシロノワールを食べるときは、娘がもう少し大きくなったら仲良く分けて食べたいものですね(ノ´∀`*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする