差し乳の卒乳は意外とあっさり。方法をざっくり書きます

卒乳してからもうすぐ一か月が過ぎようとしています。添い乳で寝かしつけていたためか、おっぱいをちゅっちゅっと吸うときの口の仕草で眠いサインがわかるのがとってもありがたい(ノ´∀`*)

さて、今回は私が実践した卒乳方法について書きたいと思います.。o○

これから卒乳の方、とくにおっぱいがあまり張らない差し乳タイプのママさんの参考になれば幸いです!

まずは卒乳のきっかけから……。

私が風邪を引いてしまい、みんなにうつしてしまわぬよう風邪薬を飲んだことが卒乳のきっかけでした。このアクシデントがなければ、私はいまも卒乳していなかったでしょう(笑)

もう1歳過ぎてるけど、夜泣きするからまだまだ添い乳で寝かしつけたい……でもそのうちおっぱいへさらに執着するようになったらどうする?と考えたとき、やはり母乳は卒業したほうがいいと判断。

しかし、卒乳当日はこんなに大変になるとは思いもしませんでした……。

卒乳開始1日目。2時間ずっと泣かれた夜はつらい気持ちに

夜、就寝する際にさっとおっぱいをだして寝かしつけ……と思いきや、そのおっぱいが今日はありません。当然娘は私のおっぱいめがけて手を突っ込み探そうとします(^_^;)

「いきなりでごめんね、もう今日からあげられないの」

娘が首元に手を突っ込みびよーんと服が伸びた瞬間、私はおっぱいをさっと隠しました。すると娘の呼吸が荒くなり、とうとう泣き出してしまいましたのです!

しばらくしても泣き止まず、あまりの大泣きに途中なんども諦めようと思いましたが風邪薬を飲んだ状態なのでぐっと耐えること2時間。旦那も私も泣きわめく娘を見ながら泣き疲れて寝てしまうところを見届けてやっと就寝……。ひとまず当日の卒乳は成功です!

卒乳2日目。おっぱいが張った!

ありあまる母乳パットを授乳ブラにあてておっぱいを絞り出してみましたがあらぬ方向に飛んで断念。お風呂場で張りが和らぐまで母乳を出しました。

この日、娘は3時間昼寝。17時ごろに寝ようとしていましたが全力で起こしました。夜23時ごろ、おっぱいを吸うような唇の動きをしだしたので部屋を暗くして寝かしつけ。おっぱいを探すようなそぶりをしてまた泣かれました。背中をとんとんとしていると寝てくれたものの、当然夜泣き。

母乳がなくなったから水分不足かな?と思い準備していた常温の水をストローで飲ませようとしたら寝ぼけながらイヤイヤ。しかし後頭部を手で支えながらストローを口に入れるとごきゅごきゅと飲み始めたのです。そして、ひととおり飲んでから布団にこてっと倒れこみ寝息を立てて再び夢の中へ……。深夜2時にした夜泣きですが、それから朝まで娘は起きませんでした。

卒乳開始3日目。胸のハリはおさまっていた。

昨日絞ったぶんもっとおっぱいが張るのかと思いきや、いつも通りのハリのないおっぱいがそこにありました(笑)

この日も娘は夜泣き。夜泣きをしたらストローで常温の水を飲ませる、というのがこのあと2日続きます。

卒乳開始5日目。夜通し寝るようになった!

この日、すっかり歩けるようになった娘を公園に連れていき、めいっぱい歩かせてみました。元気いっぱいに歩いて、お昼は2時間45分くらいお昼寝。18時ごろにうとうとしても15分足らずで起こす鬼母なままぴーや(ノ´∀`*)

このころから生活リズムが整ってきたのか、23時にはおっぱいをちゅっちゅっと吸う唇をしたら電気を暗くするという流れができあがっていました。とくに毛布がお気に入りのようで、自分で顔をクシュクシュっとして寝に入るのを発見できたのもこのころ。

夜泣きせず、夜通しぐっすりと寝られた朝がやっときました「数ヶ月ぶりに夜通し寝たね!」と夫婦で感動しました(ToT)

まとめ

卒乳後の寝かしつけはうまくいくか不安でしたが、卒乳開始5日目でリズムが整いホッとしています!

ちょっと前までは深夜2時まで起きてて本当に困った子だったのですがね(^_^;)

卒乳を予定しているママさんは、旦那さんが次の日休日で夜遅くまで泣かれてもいい体制で卒乳にチャレンジしてみるといいと思います!

あとは首元がぴたっとした服を着るとおっぱいまで手を突っ込まれてしまうのを防げたなーと後悔(笑)

パーカーなどのチャックは開けられてしまうので、できればボタンの服がいいかなぁ。

卒乳後の寝かしつけは難しいかもしれませんが、コツさえ見つかればこっちのもの!  ままぴーやは新緑の木々の影からママさんの卒乳を応援しております(ノ´∀`*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする